少ないものでシンプルに暮らすとお金のかけ方が変わる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング
すくないものでシンプル

たくさんの物に囲まれる生活は満足感や幸福感がありますが、

すべての物を管理しきれないと部屋がどんどん散らかっていき、

精神的に強いストレスを感じるようになります。

 

 

お気に入りの雑貨や小物、

趣味のアイテムなどは部屋に置いておくだけで幸せなのですが、

本当に必要な物だけを厳選することでさらに満足度が上がります。

 

広告

 

シンプルに暮らすことの重要性

物が多い部屋よりも、

最近では「シンプル」で「ミニマル」な部屋が注目されています。

 

 

これには色々な理由があり、

ただ単に「オシャレだから」というだけの理由とは限りません。

 

 

○キレイな部屋が好き
○持ち物が管理しやすい
部屋の掃除がしやすくなる
○地震などの災害が発生しても安心
○インテリアを考える必要がなくなる
○引っ越しがしやすい
○汚れが溜まりにくい

 

 

上記以外にもたくさん理由はありますが、

ミニマルでシンプルな生活を心掛ける「ミニマリスト」は、

一人一人が異なる理由で部屋をミニマルな状態に保っています。

 

 

シンプルな暮らしを送るポイント

シンプルな暮らしを送るポイントは、大きく分けると以下の3つ。

 

①買わない(考えてから買う)
断捨離をする
③節約を心掛ける

 

 

第一に、「買わない」という心掛けがシンプル

生活と部屋を作るうえで重要になります。

 

 

消耗品やどうしても買わなければならない物を除いて、

衝動的な買い物は避け、部屋に物を増やさないようにしましょう。

 

 

「欲しい!」と思っても一度踏みとどまって、

 

"本当に必要だろうか?"
"使い切れるだろうか?"
"長く使える物か?"

 

と、順番に考えます。

 

 

飽きて手放したり、

使い切る自信がない物は、

特に購入に慎重になりましょう。

 

 

次に大切なのが、物を捨てて執着を離れる「断捨離」。

 

 

不要な物を処分するだけでなく、

保有していたいという気持ちからも離れるようにします。

 

 

最後に、部屋整理整頓だけにこだわらず、

トータルで「節約」を意識してみましょう。

 

 

生活をしていくうえでどうしても削れない食費などを除き、

どこかに削れる部分はないだろうかと考えます。

 

 

節約を積み重ねていけばお金が貯まりますし、

支出を管理する技術も身に付きます。

 

 

お金のかけ方が変わる

 

すくないものでシンプル1

 
部屋や生活がシンプルになればなるほど、

お金をかける対象が変化してきます。

 

 

自分磨きに使うもよし、家族のために、

あるいは貯金に回すことも可能になります。

 

 

部屋には物が少なくなりますが、

その分貯蓄やお金の使い方が豊かになっていくというわけですね。

 

 

消費が好きで、好きな物を衝動買いするのが

趣味という方もいるかもしれません。

 

 

しかしお金は有限で、

100%趣味の物だけにかけるわけにはいきません。

 

 

どこかで購買欲と折り合いを付けて、

お金の使い方を見直してみるのも

シンプルライフに欠かせない心掛けだと思います。

 

 

少ない物に「安心」する

部屋整理整頓をして、

シンプルに整えることで心は自然と安心してきます。

 

 

私自身もかつて物に溢れた部屋で暮らしていましたが、

あまりにも物を溜め込み過ぎていたので、

思い切って少しずつ減らしていきました。

 

 

すると、部屋の風通しが良くなり、

ほこりが気になっていた場所も清潔になって、

「これで良かったんだ」という安心感が出てきました。

 

 

すくないもので2

 

 

物のない空間に安心感を感じるなんて、

一見矛盾しているようにも思えますが、

すっきりとした棚や収納スペースを見ると、

ぎゅうぎゅう詰めの状態にはない「余裕」が感じられます。

 

 

この「余裕」が心にもたらす影響は計り知れず、

一度安心するとそこに再び物を詰め込もうとは思わなくなります。

 

 

もちろん必要があれば物を置くことはありますが、

あえて物でいっぱいにするということはありません。

 

 

少しずつシンプルな暮らしを目指す

キレイさっぱり断捨離をするのは大変です。

まずは処分できる物を優先して処分し、

勇気が必要な物は少し時間を置いてからでもOK。

 

 

不用品回収やネットオークションに出す物は前もって処分の日時を決め、

スケジュール通りに実行しましょう。

 

 

部屋は、床→ベッドの上→棚・机の上→収納場所(クローゼットや衣類ケース)など、

手を付けやすい場所から順番に片付けていきます。

 

 

いくつものエリアを分散して片付けると気が散ってしまうので、

一ヶ所に絞って徹底的に断捨離と掃除を行いましょう。

 

 

物を置く場所も、あちこちに散らかさず

「ここにはこれをしまう」と決めれば、

自然と整理整頓ができるようになります。

 

 

物を失くすリスクや、探す手間も省けるので結果的に一石二鳥に。

 

 

まとめ

エリアごとに分けて断捨離し、

物を増やさないよう心掛けるだけで

部屋は驚くほどシンプルに生まれ変わります。

 

 

すくないものでシンプル

 

 

モデルルームのように清潔ですっきりとした部屋も夢ではありません。

 

 

余計な物を持たない生活は敷居が高いように思われがちですが、

勇気を出して片付けを繰り返していくことで、

余裕のあるスペースが出現します。

 

 

ぜひ、シンプルでミニマルな部屋を目指して、

ゆとりと安心感のある空間を手に入れてみてください。

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
Sponsored Link
カテゴリー
最近の投稿
ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ
最近のコメント