ミニマリストの食器棚は中身もミニマル!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング
a0006_002272

とにかく物の少ない、ミニマリストさん達のキッチンスペース。

 

 

家具もなければ家電もないお宅の写真を見ると、

たったこれだけ…?と少し心配になってしまいます。

 

 

でもほとんどのミニマリストは極端に物を減らすということはせず、

無理のない範囲で整理整頓を心掛けています。

広告

 

私も家族を持つミニマリストですが、

いきなり他の人の持ち物を捨てたり処分するというのは失礼にあたるので、

自分の持ち物の範囲内で断捨離をしたり、

家族から許可が出た所だけに絞って整理整頓をしています。

 

 

 

家族がたくさんいるご家庭や、お子さんが育ちざかりの

お宅などは子どもの成長を優先して、ミニマルライフを押しつけすぎないことが大切です。

 

 

ミニマリストと食器棚の中身

 

a0001_007836

 

 

バッグやポーチ、クローゼットや衣類ケースなどなど、

ミニマリストがこまめに断捨離をする場所というのはたくさんありますね。

 

 

その中でも食器棚というのは、日常的に使う食器や

カトラリー類をしまっておくのに必要な収納場所になります。

 

 

みんなのお手本となるようなミニマリストさんの場合、

食器棚には1つか2つのコップと、2,3枚のお皿くらいしか在庫がありません。

 

 

ご飯茶碗やサラダボウルなど、

用途に応じて使う食器も人数分しか持たないのが基本。

 

 

おかずを盛り付ける小鉢や小皿などは

たくさん買わずに最小限の枚数にとどめるか、

一切持たないかのどちらかになります。

 

 

なぜこんなに少ないのか?と疑問に思うのですが、

一人あたりに1枚のお皿を割り当てたとして、10枚も20枚も持つ必要はないからです。

 

 

逆に、ミニマリストではない家庭では、

なぜ使わないお皿やコップをたくさん持っているのでしょうか?

 

 

なぜ使わずに飾ったままにしているのでしょうか?

冷静に考えてみれば、食器を大量に保有していることの方が不思議かもしれません。

 

 

a1180_012936

 

 

物をしまう場所というのは、ちょっと気を抜いていると

すぐに物で一杯になってしまいます。

 

 

収納スペースがなくなって困ることのないように、

いつもこまめに片づけをして、使わない食器は最初から買わないなど、

工夫しながら付き合っていく必要があります。

 

 

雑貨店やインテリアショップで好みの食器を見つけたら、

早速食器棚に飾りたいと思いますよね。

 

 

でもそんな事を繰り返していると、

知らないうちに食器棚は衝動買いした食器で溢れてしまいます。

 

 

 

お気に入りで埋め尽くしたい気持ちはよく分かります。

 

 

しかし食器で一杯になった棚ほど、地震の際に危険なものはありません。

 

 

 

置き場所によっては震度3程度でも崩れ落ちてくる可能性がありますし、

突っ張り棒で天井と固定していても、

天井が動き出すほど大きな揺れに見舞われたら意味がなくなります。

 

 

しかも食器棚は上の物ほど素早く落ちてくるという特徴があるため、

万が一重い食器を上の方に置いていて、それが落ちてきたら大変です。

 

 

食器棚そのものも軽くて丈夫な素材を選ぶ必要がありますし、

食器の数や枚数、置き場所なども逐一確認しておく必要があります。

 

 

食器棚を整理するコツ

 

a0006_002272

 

 

私事になってしまいますが、かつて私は100均など

安価に買える食器を愛用し、使わないコップでも

お皿でも平気で並べているようなマキシマリストでした。

 

 

なんでせっかく買ったのに使わないかというと、

買った当初はその場で気に入ったのに、後から一気に興味を失くして、

捨てるに捨てられなくなったからです。

 

 

「これは欲しい!絶対に使う!使ってみせる!」などと

強い決意をしたものの、並べていると何だか安心感が出てきて、

結局興味がなくなってしまうのです。

 

 

私のような結末をたどるマキシマリストは、

意外に少なくないと思います。

 

 

結局のところ、衝動的に物を買ったり、

欲しい物を見つけるプロセスが好きなだけで、

食器自体に必要性はほとんど感じていないのです。

 

 

食器棚を整理するためには、この

「欲しい!」

「捨てられない」

「まだ使うかもしれない」

などというあらゆる欲求と向き合う必要があります。

 

    • まず第一に食器を新しく買わないこと。
    • 手持ちの物だけで何とか我慢すること。
    • 衣類と同じ要領で、何かを一つ買ったら要らない物を一つ捨てること。


 

 

 

 

これだけでも食器棚がスリムになってきます。

 

 

次に、枚数や個数を確認してみてください。

 

 

お箸でもスプーンでも、家族の人数分の倍以上に

持っている物は適度に間引きをします。

 

 

来客用まで捨てる必要はありませんが、

一度に20人も30人も来客があるケースはほとんど稀ですし、

その場合は割り箸などで代用も可能かと思います。

 

 

基本的には、お皿でもカトラリーでも、家族の人数分くらいの量がちょうど良いと思います。

 

 

もう一つ、食器棚を整理するポイントを紹介します。

 

 

それは、重くて大きなお皿の数を減らすということ。

 

 

1kgはありそうな大きくて重たい皿が我が家にはありましたが、

あまりにも食器棚を占有するので、それより一回り小さなお皿だけを残し処分しました。

 
食器棚の整理整頓は片付けや処分が面倒で、

なかなか進まないという声も多いです。

 

 

しかし一度断捨離や処分をすればとてもスッキリとした見た目になりますし、

食器が収納しやすくなって、落下物のリスクも減らすことができます。

 

 

お皿の枚数や個数が多すぎると感じたら、

ぜひ食器棚の整理整頓にチャレンジしてみてください。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
Sponsored Link
カテゴリー
最近の投稿
ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ
最近のコメント