家族がいてもミニマリストになれる?ミニマルライフは自分の部屋から!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング
ミニマリストリビング

散らかった部屋、物の多い部屋…。

好きな物に囲まれて暮らしたいという理想からちょっと離れて、あえて「持たない暮らし」の心掛けに注目が集まっています。

 

 

好きな物は好きな物として購入するけれど、必要最小限しか持たない。余計な物は買わない、部屋に持ち込まない。

 

 

このような、最低限の物だけで生活を送る人のことを「ミニマリスト」と呼びますが、一人暮らしだけに限らず、家族がいてもミニマリストになれるんです。

 

 

ミニマリストとその家族

ミニマリストといえば、

 

「自意識が高い」

「持たない暮らしにこだわりすぎる」

 

などと、ネガティブな見方もされています。

 

 

ミニマリスト家族

 

 

しかし、家族みんなで持ち物を最小限にすれば家全体が片付き、清潔感があってムダのない生活を送ることが可能になります。

 

 

もちろん家族全員の了解が必要ですし、誰もがミニマリストになれるわけではありません。

しかし、一緒に暮らす人にも「余計な物を持たない便利さ」を伝えることで、散らかりにくく汚れにくいお部屋に整えていけるのです。

 

 

まずは自分だけミニマルな生活を送る

いきなり家族に「ミニマルな生活しようよ!」と言っても、みんなが受け入れてくれるとは限りません。

 

 

中には収集の趣味があって、「いきなり物は減らせないよ」という方もいますし、思い出の品が多く、すべて自分の部屋で管理している方は、「部屋の物はすべて大切なので捨てられない」と言うかもしれません。

 

 

そこでまずは、自分だけミニマルな生活を始めてみてください。

要らない物、使わなくなった物、はるか昔の思い出の品…など、自分の要らない物から順番に手放していきます。

 

 

最初のうちは、「ちょっと捨てられそうにないな」と思う物が多いのですが、時間をおくうちにだんだんと手放せるようになりますよ。

 

ミニマム生活

 

 

部屋が片付いてきたら、そのままの状態をできるだけキープします。

きれいな状態を崩さないよう、こまめに整理整頓や物の入れ替えを行いましょう。

 

 

共有部分&リビングを整理する

 

次に、自分の部屋から一歩外へ出て、廊下や階段などの共有部分、リビングルームなどを整理しましょう。

 

 

床に物を置きっぱなしにしない、棚の上にも余計な物を置かない。

誰かが置きっぱなしにしていたら片付けるか、専用の片付けBOXに置いてあげる…

など、面倒かもしれませんが、できるだけ物の少ない状態に保ちます。

 

 

もし家族に「勝手に物を移動するな(物に触るな)」と言われたら、最低限「床や通路の上に置きっぱなしにしないように」と伝えます。いきなり部屋全体をミニマルな状態にすると皆がびっくりしてしまいますから、少しずつ部屋の中を整理しながら、清潔感を出していきます。

 

ミニマリストリビング

 

 

清潔感のある部屋というのは、意外に気持ちが良いものです。

外から入ってきた清潔な空気を遮る物がないと、きれいな空気がそのまま室内に流れこんで、居心地が良くなります。

 

 

きれいな部屋に対して、家族一人ひとりがどう思うかを考えながら、「ミニマルな生活は気持ちの良いもの」ということを伝えていきましょう。

 

 

家族の部屋をミニマルに

自分以外にミニマルな部屋に共感してくれる家族がいれば、その人の部屋や、可能な場所を少しずつミニマルにしていきましょう。

 

家族の部屋

 

 

最初は本人の部屋整理整頓からスタートして、その人の許可が得られる場所を整頓していきます。

 

 

ミニマリストと家族がうまく暮らしていくために

 

注意点として、ミニマリストであることを家族に宣言する必要はありません。

「ただの思いつきでしょ」

などと言われ、理解を示してもらえない可能性があります。

 

 

また、家族の物を勝手に捨てたり、整理整頓はしないこと。

基本的に、自分の物は自分の管轄、他人の物は他人の管轄下にあります。

「誰もやらないから代わりに私が片付けてあげているんだ」という思い込みやエゴは捨てましょう。

 

 

リビングなどの共有部分も、絶対に触らないで!という人が一人でもいる場合は手を付けないほうが無難です。

ミニマルな状態にすることでかえって家族関係が悪化するのでは本末転倒です。

 

 

・まとめ

 

もっとも理想的なのは、家族皆の了解が得られる状態で家全体を整えていく事です。

そのためには、ミニマルな状態がいかに気持ちが良く、無駄がないかを訴えていかなければなりません。

 

 

災害や非常時に部屋が散らかっていると脱出がしにくくなりますし、貴重品が探しにくい、ペットが部屋の奥に隠れて見つけにくい…などのデメリットが発生します。

 

 

しかしミニマルな状態に整えておけば、必要な物がどこにあるかすぐに分かりますし、ペットが物と物の間に逃げ込む心配もありません。

 

 

実際に、震災をきっかけにしてミニマルな生活に入った方も少なくありません。

「たくさん物があると避難しにくくなる」など、具体的な例をとって訴えていくのも、ミニマルな部屋を受け入れてもらうための一つの方法かもしれません。

 

 

無駄な物がない、すっきりとした家に憧れているものの、まだ余裕がなく実現できていない方も多いと思います。まずは、自分にとって一番身近なスペースからきれいにしていくと良いですよ。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
Sponsored Link
カテゴリー
最近の投稿
ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ
最近のコメント