ミニマリストは病気?度が過ぎないように注意!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング
a0002_007541

最近テレビや雑誌で取り上げられることが増えてきた、

ミニマリストさんたちのライフスタイル。

 

 

一切ムダな物がない、すっきりとした

モデルルームのようなお部屋ばかりで、いつも本当に驚かされます。

 

 

でも、あまりにもキレイすぎる部屋というのは、

見ていて何となく不安な感じがしませんか?

 

広告

「もしかして必要な物まで捨てちゃってるのでは…」

と、心配にもなりますよね。

 

 

私自身もミニマリストに憧れているので、

必要最小限の物だけに囲まれて暮らすことをいつも頭に置いていますが、

必要な物まで捨てる生活はいかがなものか?と疑問視もしています。

 

 

ミニマリストと捨てたい気持ち

ふだんたくさんの物に囲まれて暮らしていると、

次第に管理しきれなくなり、反動から「捨てたい!

という欲求が生まれてきます。

 

 

捨てたい気持ちがさらに膨らんでくると、

今度はミニマル化や断捨離が捗ります。

 

 

断捨離を進めていき、自分の理想に近いお部屋に仕上がってくると、

今度は何ものにも代えがたい達成感が生まれてきます。

 

 

自分がいるべき場所はここだったんだ、と納得できますし、

実際に開放感のあるお部屋での快適な暮らしが享受できます。

 

 

このミニマルライフ特有の開放感を体感すると、

もう散らかった部屋では満足できなくなります。

 

 

他の家族や友人など、第三者のお部屋は散らかっていても構いませんが、

自分の住む空間だけはいつもキレイにしておきたいのです。

 

 

これを人は「病気だ」と言うわけですが、

マキシマリストとして物に囲まれていると、

やはりどこかで反動というものが出てきますし、

それを実行に移すタイミングも訪れるのだと思います。

 

 

物をたくさん持っていても、災害や死が訪れればそれで終わりです。

 

 

ならば最初から持っていない方が良い、とも思うので、

何だかんだいってミニマルライフは正当化されます。

 

 

個人的に、「捨てたい気持ち」を持つぶんには問題ないと思うのですが、

だからといって何でもかんでも捨てるのはNG。

 

 

たとえばシャンプーの代わりに石鹸を

使って抜け毛がひどくなったり、もっとすごい人だと

石鹸で歯磨きから何から何まですべて代用したりします。

 

 

石鹸一つしか家に置かず、他の家族にもそれで洗いなさい

と強要するミニマリストさんもいて、個人的にはその姿勢は

いずれ家族の反発を招くのではと不安に感じています。

 

 

物の多い生活に嫌気がさし、その反動から最小限主義者に

なるのは私自身も同じなのでよくわかります。

 

 

ですが、行き過ぎた生活はどこかで何らかの限界を迎えますし、

ほどほどを心掛けることが後悔しないコツでもあると思います。

 

 

「捨てたい気持ち」はどこかで折り合いをつけて、

必要な物は家に置く(ストックする)という概念も知らなければなりません。

 

 

ミニマリストは病気ではない

 

OZ85_karutemotuisya20140321160021_TP_V

 

バックパック1個に持ち物をすべて収められるミニマリストは、

病気でしょうか?私は違うと思います。

 

 

たとえば家を持たずに生活している人や、

冒険家、旅行者などは常に最小限の物しか持ちません。

 

 

でもそれで生活が成り立っているのなら、

家や物にこだわる必要はないでしょう。

 

 

 

引っ越しなど必要に迫られて持ち物を減らしている人もいますし、

ただの道楽や趣味、「自分の限界に挑戦したい」

「最近のトレンドだから流行に乗ってみた」という

ミニマリストさんもいますよね。

 

 

ですから、ミニマリストだからといって、

「危ない人」と決めつけるのは早計ですし、

必ずしも全員が病気というわけではないと思います。

 

 

 

しかも、ミニマリストになるのが心の病というなら、

反対の「マキシマリスト」も同じく病気ということになります。

 

 

世間では物をたくさん持っている=裕福で恵まれた

暮らしというイメージが根強いせいか、

マキシマリストの心象についてはあまり議論されませんが、

ゴミや不用品に囲まれた生活というのは、

それはそれであまり健康とは言えない状態です。

 

 

 

それにしても、なぜミニマリストは皆で示し合わせたかのように、

キレイに部屋を片付けるのでしょうか?私も不思議に思うところですが、

持ち物を減らしてスッキリするというのは、どうやら世界共通の感じ方のようです。

 

 

 

子どもの頃はとにかく好きな物をたくさん周りに集めたかったし、

それができなければ大人になってから実行すると思います。

その所有欲を超えると今度は反対に「私の部屋、持ち物多すぎ…?」となり、

ミニマルライフに突入するパターンが多く、

ミニマルにすればするほどスッキリして気持ちが良くなるので、

自然とキレイな部屋ができあがっていくんですね。

 

 

 

買ったばかりの物を捨てたり、浪費してすぐ捨てたり、

あるいは必要な物までゴミ袋に詰め込んでいくのは、

病気というより「やりすぎ」です。周りの人の迷惑を考え、

自分の思いばかり最優先にしないように、

何が大切で何が不要か?をよく考えなくてはなりません。

 

 
ミニマリストのすべてがそうではありませんが、

中には過剰な捨て方をする人もいます。

 

 

 

キレイ好きも、度を超すと周りへの迷惑にしかなりません。

結局捨ててしまうのであれば、「ムダな物は最初から購入しない、集めない」を

徹底することがまず大切ではないでしょうか。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
Sponsored Link
カテゴリー
最近の投稿
ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ
最近のコメント