ミニマリストの最大の敵は部屋着!男性は部屋着とファッションをどう分ける?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング
部屋着

世界中のミニマリストの課題である、

「手持ちの服を何枚まで減らすか?」という問題。

 

 

実は身近なところにも、この問題が潜んでいます。

 

 

外出着や仕事着はスムーズに断捨離して減らせるのですが、

なかなか減らせないものが「部屋着」です。

 

 

家に帰ったあと、仕事着や外出着から着替えてリラックスするのに、

部屋着は絶対に欠かすことができません。

 

広告

 

自宅で下着や全裸(ほぼあり得ませんが…)で過ごせる方は別として、

ほとんどの方がスウェットやパジャマなど、

何らかの部屋着を身に付けて生活すると思うのです。

 

 

…が、ミニマリストにとってはこの部屋着の存在を認めるか否かが大きな問題となります。

 

 

部屋着は所持するべき?

 

部屋着

 

私自身、服を一斉断捨離した時に、部屋着を捨てるか否かで悩みました。

 

 

外着はあっても部屋着がなければ、

自宅で快適に過ごせるわけがないと思いましたし、事実その通りでした。

 

 

考えに考えた結果、部屋着の上下のうち上はTシャツで、

下については「夏場は短パン、冬場はスウェットをそれぞれ1枚持つ」

という結果に落ち着きました。

 

 

かなりあっさりしていますが、これでも熟考した結果です。

 

 

洗濯はどうするのか?という問題については、

こまめに洗濯して乾かすことで結論を得ました。

 

 

本物のミニマリストは、外着も部屋着もカットソーや

Tシャツをワードローブにしているのだそうですが、

私としては内と外は別にして分けるべきだし、

寝る時くらいゆったりした服でいたい…と考えています。

 

 

パジャマの方が薄さ的にはアリかなとも思ったのですが、

災害時にパジャマで外に飛び出す恥ずかしさを考えたら、

少しでも普段着に近い服装の方が安心できるような気がしました。

 

 

部屋着は外着にはならない?

部屋着のまま外出したとしても、デザイン的に問題が

なければ誰にも部屋着だとは分からないと思います。

 

 

トレーナーにジャージ姿であっても街に出ることは可能ですし、

車を運転して遠出することだってできます。

 

 

 

 

 

周りの目があまり気にならず、かつTPOを押さえているのであれば、

部屋着を外出着にすることも十分可能ということですね。

 

 

ミニマリストとしては

いつも同じ服装ほど安心できるものはありません。

 

 

災害だろうと引っ越しだろうと、

急な事態が発生しても服1着しか持たないならば即座に対応できます。

 

 

部屋の内と外で着る物をいちいち替える必要がないので、究極的な時短にもなります。

 

 

 

部屋着はラフすぎてオシャレにならない?

 

 

一般的に言われるのは、

 

部屋着のまま外をうろついたら、だらしない人と思われる」

 

「服装まで公私混同したくない」

 

「周りの目が気になる」

 

「ラフすぎるのも問題」

 

などなど、部屋着で外を歩くことには抵抗を感じる人が圧倒的です。

 

 

でも実際にその通りで、明らかに部屋から出て来ただろうと思われる服装で外を徘徊するのは、

「きちんとしていない人」というイメージを持たれかねません。

 

 

人間は動物と違って色々な服に着替える動物なので、

どんなに「ミニマリストだから」と主張しても、

周りの人にはほとんど理解して貰えないでしょう。

 

 

いつも同じ服はアリかナシか?

 

 

ミニマリストさんのブログやホームページを拝見していると、

「いつも同じ服の方が安心する」

「そのつど洗えば不潔にならない」

「内も外も同じ服なら身軽に動ける」

という、非常に合理的な意見がみられます。

 

 

「いつも同じ服装派」は女性よりも男性の方に多いのですが、

女性よりも男性の方が合理的にミニマルライフを追い求める人が多いのかもしれません。

 

 

確かに、素材もサイズも完璧に自分に合った一着なら

内も外も同じ服装でも構いませんし、

あれこれとコーディネートに悩むこともなく、

洗濯もまめに行えば良いので一番合理的です。

 

 

私だって本音を言えば、いつも同じ服装で許される社会になれば良いのにとも思います。

 

 

しかし、一番の問題は「精神衛生上宜しくない」ということです。

 

 

外出着と部屋着が一体化すれば、服の枚数は劇的に減らせますよね。

 

 

でも逆に「もう服なんてどうだっていいや」状態に陥りやすく、

気持ち的にもダラダラとしやすくなると思うのです

(もちろんきっぱり内と外で気持ちを切り替えられる人もいます)。

 

 

少なくとも私は、内と外で同じ服を着続けたら、

ファッションへのやる気が失われて、いつしか女であることすら忘れると思います。

 

 

やはり室内で一定時間を過ごすのであれば、

快適なルームウェアを一着持っていた方が便利かと思います。

 

 

ミニマリストにとって、部屋着の問題は意外に深刻です。

 

 

でも部屋着を持っていないからといって困ることがない人もいれば、

絶対に部屋着でなければ快適に過ごせない人もいるでしょう。

 

 

結局のところ、部屋着を所持するか否かは

個人個人のライフスタイルによって決まる部分かもしれません。

 

 

 

男性ミニマリストさんの中には、

固定の職場にとらわれず仕事をしているフリーランスの方も多いです。

 

 

在宅で仕事ができるのは素晴らしいことですが、

だからこそ部屋の中と外を公私混同しないように、

部屋の中でだけ着る部屋着も用意しておくのが良いかと思います。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
Sponsored Link
カテゴリー
最近の投稿
ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ
最近のコメント