ミニマリストは普通のシャンプーしない?湯シャンや石鹸シャンプー話題の洗髪方法を紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング
rankingshare-15ec52e0968a11e4a33d06f78209233f4efcf43bb1fcb11a3d

髪の毛や頭皮を清潔に保つには、

毎日の(あるいは1日おきの)シャンプーが欠かせません。

 

 

頭皮に溜まった皮脂やホコリ、フケなどを取り除くためにはブラシだけでは不十分。

 

 

どんなに面倒くさくても、汗をかいたらきちんと

その日の汚れをシャンプーで洗い落とすべきなのです。

 

 

しかし最近になって「湯シャン」という方法が新たに注目を集めています。

広告

 

ミニマリスト独特の節約文化としても知られていますが、

この湯シャンを行うことでシャンプーの代わりにする

(しかも水道代しかかからないので、洗浄料が節約できる)

人が増えてきているんです。

 

 

ミニマリストと湯シャン

 

もともと、ミニマリストとは必要最小限の物だけで

生活をする人のことを指します。

 

 

rankingshare-15ec52e0968a11e4a33d06f78209233f4efcf43bb1fcb11a3d

 

 

衣類や家具、雑貨などといった細かい持ち物だけでなく、

入浴時に使うシャンプーやリンスなどの洗浄料すらも断捨離し、

すべて石鹸で済ませている人も少なくありません。

 

 

シャンプーも洗顔も石鹸一つで済ませるというのは

なんとなく分かりますが、さすがにお湯だけのシャンプーは

難しいんじゃないの?という声が聞こえてきそうです。

 

 

かくいう私も、ミニマルライフに憧れ部屋をキレイに

整理整頓断捨離したミニマリストですが、

ヘアケアに関心が高いせいなのか、

さすがにシャンプーをお湯に替えるのは難しい気がします。

 

 

しかし体質によっては、湯シャンだけで十分という人も一定数存在します。

 

 

たとえば乾燥肌で、頭部に皮脂の分泌があまりみられない場合。

 

 

要するに、常にカサカサとしていて乾燥している方ですね。

 

 

乾燥肌の場合は皮脂汚れというものは

普通の人に比べて少ないので、お湯だけの洗浄でも事足ります。

 

 

むしろシャンプー剤を使うことで乾燥がさらに進み、

フケの増量や抜け毛などトラブルが悪化する場合もあります。

 

 

また、すでに髪が抜けてしまって、

地肌が見えている方の場合も同様です。

 

 

シャンプー剤を使うことでさらに抜け毛が進行する方もいますので、

その場合はお湯だけで軽くすすぎ落した方が安心かもしれません。

 

 

湯シャンのコツは、ただお湯で頭を洗うのではなく、

事前に地肌を揉み込み、髪にブラッシングをして汚れを取り除くことです。

 

 

また、湯船にしっかりと浸かれば汚れが皮膚の表面に浮いてくるので、

お湯だけでも十分にすすぎ落とせるようになります。

 

 

 

湯シャンは本当に経済的?

 

湯シャンはお湯にしかお金がかからないので、

シャンプーをこまめに替える必要がありません。

 

 

ストックを買い置きする手間も不要になるので、

一見経済的かと思いきや、やはり洗い落とせる範囲に限界はあるようです。

 

 

個人的には、いくらシャンプー剤にお金がかからないから

といってお湯だけで洗うのはちょっと不安な気が…。

 

 

若い方(特に皮脂の分泌量が多い方)の場合、

湯シャンをしたくらいではキレイにならないので、

翌日になると頭がべたつく感じが出てくるそうです。

 

 

ドライヤーでしっかりと頭を乾かすと、

今度は剥がれ落ちた皮脂などがフケとなってパラパラと落ちてきたり、

肌に痒みが出るといったトラブルもあります。

 

 

体質や肌質によって向き不向きがあると思いますので、

どうしても節約したい場合は石鹸などを使って

シャンプー剤の代わりにすると良いかと思います。

 

 

ミニマリストと石鹸シャンプー

 

もう一つ、ミニマリストの多くが実践している

と言われる「石鹸シャンプー」について紹介します。

 

 

 

文字の通りなのですが、固形石鹸をよく泡立てた後、

その泡で頭を洗い、すすぎ落とすというシンプルな方法です。

 

 

石鹸は1個でボディソープや洗顔料としても使えるので、

ある意味一石三鳥のようなアイテムです。

 

 

ただし、石鹸シャンプーにもいくつかのデメリットがあります。

 

 

その一つは「肌に合わない可能性がある」ということ。

 

 

洗顔フォームでもボディソープでも、洗った後になんとなく

肌がきしむような感じがあると、その製品は洗浄力が強すぎて、

肌に合っていない可能性が考えられます。

 

 

実は、石鹸はシャンプー以上に洗浄力の強いものが多いです。

髪というよりは汚れた手を洗うのにふさわしい洗浄剤で、

敏感肌や乾燥肌の方が固形石鹸をシャンプー代わりに使うと、

皮膚全体が突っ張ってきしむような感じがあるかもしれません。

 

 

石鹸シャンプーをした後はリンスなどでしっかりと保湿をするか、

顔用の化粧水やローションなどを頭皮に伸ばして、

肌の急速な乾燥を防ぐ必要があります。

 

 

先ほど紹介した湯シャンに比べ、

石鹸シャンプーはしっかりと洗浄ができるので、

皮脂量の多い方や外で仕事や趣味の活動をされる方には最適かと思います。

 
シャンプー剤を使うのではなく、あえて石鹸やお湯だけに限定した、

新しい洗髪方法がミニマリストの間で話題になっています。

 

 

しかし先ほども述べたように、

洗髪方法によっては逆に髪がベタついたり、

汚れる可能性もあります。

 

 

節約志向の方も多いとは思いますが、

身だしなみは最低限お金をかけるようにして、

ケチらず「清潔感」を大切にしていきましょう。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
Sponsored Link
カテゴリー
最近の投稿
ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ
最近のコメント