女性ミニマリスト実際どうやっておしゃれをしているの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング
無印洋服

ミニマリストは、誰もが一度は憧れるライフスタイルですよね。

 

 

物の少ない清潔なお部屋なら掃除や管理が楽ですし、気持ちよく過ごせます。

 

 

私自身も昔は「汚部屋」に住んでいて、

そこらじゅう物だらけの雑多な空間を当たり前と思っていました。

 

 

でも、物が多い状態というのは精神的にかなりの負担になります。

 

広告

 

 

特に服にかけては、どんなに良い服を買ってもしばらくすると

納得できなくなり、「他にも似合う服ないかな」と

ショッピングに出かけてしまいます。

 

 

買い物依存症ではありませんが、手持ちの服を一枚一枚大切に

していなかったので、何枚あっても満足できなかったんですね。

 

 

服が多い=オシャレではない

 

ミニマリスト男性服4

 

セレブや芸能人のお宅には必ずといっていいほど

大きなクローゼットがあり、その中にたくさんの

服やバッグが収められています。

 

 

でも残念なことに、服の枚数でオシャレが決まるわけではなく、

むしろ手持ちの衣類が多いほど管理しきれなくなって、

以前の私のように「オシャレに満足できない状態」に

陥ってしまう可能性があるんです。

 

 

1000枚のカットソーを持っていても、

1年は365日しかないので、365枚しか必要ありません。

 

 

残ったカットソーは次の年か、そのまた次の年まで

取っておかなければなりませんが、

ショッピングをして新しく買い足してしまったら、

結局タンスのこやしにしかならないのです。

 

 

ミニマリストのファッションとは

私は手持ちの衣類が多すぎることに悩み、

ミニマリストの生活スタイルを参考にしながら、

持ち物を減らしていきました。

 

 

その中でも特に注目したのは、

ミニマリストならではのファッション観についてです。

 

 

私たちはふだんオシャレを優先的に考えて服を購入しますが、

ミニマリストは基本的に「使い回しのきくベーシックな服」を中心に選びます。

 

 

それも、一年を通して着続けられるもので、

ファッションスタイルが固定されないもの。

 

 

重ね着に使える服ならさらにGOODです。

 

 

実際に、ミニマリストたちのワードローブや

クローゼットの写真を見てみると、

10~30着の間で上手にコーディネートをしています。

 

ミニマリストクローゼット

 

 

着回し力の高い白シャツや白カットソーを中心に、

男性も女性もベーシックなコーディネートが出来あがっています。

 

 

ベーシックなコーディネートは必須というわけではありませんが、

衣類の枚数を少なくするためには、

ある程度派手さを抑えることも大切。

 

 

それでいて、極力買わない適度に減らす可能な限り着回すの3つが必須条件です。

 

 

ミニマリストはふだんの生活の中でこの3点を

徹底しているので、収納場所がいつもすっきりとしているのです。

 

 

ミニマリストはオシャレではない?

ベーシックな服装を心掛けるミニマリストたちに対して、

シンプルな服ばかり着ていてオシャレじゃない」

というイメージを持つ方も少なくありませんが、

実際のミニマリストはとてもオシャレ。

 

 

ミニマリストだからオシャレじゃない、

と決めつけることはできません。

 

 

上質な素材の1着を長く着続ける人や、

同じく上質な素材の服をローテーションで着回す人など、

ミニマリストには「良いものを選ぶ」「大切に使う」という文化があります。

 

 

ブランドを厳選し、サイズ・デザイン・縫製など

納得してから購入するため、決して貧しいファッションにはなりません。

 

 

むしろ安物を大量に買って捨てられない方がムダが多いですし、

オシャレを追求しているようで、

実はまったく追求できていない可能性もあるのです。

 

 

また、物を持つことに興味がないのでは?

という誤解もされやすいのですが、

ミニマリストにも適度な物欲はあります。

 

 

着回しをし続けて古くなった服は捨てますし、

次に着回す新しい服を買いに行きます。

 

 

中には激しい物欲を持っていて、

あえて抑えているミニマリストもいるはずですが、

ほとんどの場合は住空間を清潔に保つことや

すっきりとした暮らしに高い価値を見出しているので、

「ただ物を買い集めるだけの暮らし」から遠ざかることができるのです。

 

 

お金を出せば、誰もがすぐに物に囲まれます。

 

 

しかし物を持たない暮らしというのは、お金があっても

簡単に実現できるものではありません。

 

 

服装やファッション雑貨、アクセサリーなど体に

身に着ける物についても同じで、削れる部分を

しっかり削ってムダを省くことが、

究極的なオシャレとも言えるのかもしれません。

 

 
女性は男性に比べてファッションやメイクを

意識しなければならないので、ミニマリストになるのは

難しいと思う方もいることでしょう。

 

 

しかし何をどうミニマルにするかは自由で、

少しずつ自分のペースで物を減らしていけば、

自然にミニマリストの仲間入りができてきます。

 

 

ふだんの生活の中で余計な買い物をしていないだろうか?

衣類をもっと断捨離できないだろうか?

着回しの良い服を持っているか?

などを考えつつ、捨てる物は捨てる・買う時は買う

というように適度な服の入れ替えを行って、

最適なワードローブを作っていきましょう。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
Sponsored Link
カテゴリー
最近の投稿
ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ
最近のコメント