家具家電を断捨離する際は慎重に!ミニマリストさんにおすすめの処分方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング
家具

最小限の持ち物だけで生活する「ミニマリスト」。

 

 

モデルルームのような、なんにも物がない

生活感のない空間にいるイメージがありますが、

実際には家具や家電をいくつも持っている人もいますし、

部屋整理整頓されているだけで「ミニマリスト」を名乗っている方もいます。

 

広告

 

ミニマリストの定義はあいまいで、これといったルールは

特に決まっていないので、実は誰でもミニマリストになれるんですね。

 

 

しかし、ミニマルな生活を送るうえで難しいのが、

どうやって部屋から物を失くすか?ということ。

 

 

使わなくなった家具や家電はとても邪魔なのですが、

思い出や実用性のある物ほどなかなか手放すことができないものです。

 

 

家具を断捨離する方法

家具
家にあるベッドやソファー、棚や収納などの家具は、

ミニマルライフを送るうえでまず最初に断捨離しておきたい物です。

 

 

特に棚と収納は物を引き寄せやすい家具なので、

できるだけ部屋からは減らすのがベター。

 

 

家具をいきなり捨てるわけにはいかないので、

まずは2つも3つもある余分な家具から処分していきましょう。

 

 

私の場合は、大きなメタルラックの棚があるのですが、

メタルラック自体を処分する前にまずは中身をキレイにしました。

 

 

古い写真、本、デジタル機器など、ラックに

収めていたものをすべて取り出し、

不要な物から燃えないゴミや資源回収に出してその都度処分。

 

 

ラックががらんとしたところで、断捨離終了。

 

 

あとはラックが不要になれば粗大ごみに出しても良いですし、

あえて残すという選択肢もあります。

 

 

いきなり家具が捨てられない場合は、

まずは外堀を埋めていくような形で整理整頓をしていき、

その過程で捨てるか否かを考えても良いかと思います。

 

 

自分も家族も含め、誰もが使わずに放置し、

不要になった家具については、

いつまでも放置せずに

思い切って粗大ごみに出してしまいましょう。

 

 

物置に押し込んである棚や椅子、照明器具などなど、

どんなおうちでも意外にたくさんの家具が眠っています。

 

 

業者さんに集荷の手配を行うのが面倒ですが、

もう思い立ったらすぐに電話をかけるくらいの勢いが必要です。

 

 

家具は捨てない限り、いつまでも延々と室内に留まりつづけます。

 

 

存在感が大きいぶん、捨てる時にはかなりの勇気が要りますが、

処分できた時の爽快感は言葉にはできません。

 

 

家電を断捨離する方法

家電画像
家電製品についても、家具と同様に不要な物から処分します。

もう何年も手をつけておらず、誰も使っていない家電は

まず最初に処分のターゲットにしましょう。

 

 

高額な製品が多いので、最初のうちは

なかなか捨てようという気持ちになれないかもしれませんが、

いつまでも家に置いていてもスペースを占拠するだけです。

 

 

「いつか使うかも…」と期待を持ち続けたとしても、

本当に使いたくなった時に錆びていたり壊れたりして

使えないケースが多いですし、

型落ちや修理保証外になってしまっては意味がありません。

 

 

不要な家電製品は車庫や玄関などのスペースに集めます。

 

 

部屋に並べていると

「まだ使えそうだから捨てないでおこう」と気が変わって、

断捨離が失敗する可能性がありますから、

自室やリビング外に置いておきます。

 

 

他の家族が使用していた家電は、

勝手に捨てずに必ず本人の確認を取ってから捨てましょう。

 

 

また、捨てる際に近所の人や知人が欲しいと

言ってくれたら譲渡しても良いですし、

中古品を扱うお店で買い取って貰える製品なら売却を検討しても良いと思います。

 

 

またも私の実体験なのですが、家電製品は

元々たくさん持っている方ではありませんでした。

 

 

それでも他の家族が集めた物などが物置に眠っていたので、

家族に頼まれて断捨離を行うことになりました。

 

 

まず目についたのが、大小合わせて5台もあった扇風機です。

 

 

1つは壊れていたのでふつうに処分。

 

 

もう1つは友人が欲しいと言ってくれたので譲渡。

 

 

そして残り3つのうち、古い2台を処分して、

一番新品に近い1台を残しました。

 

 

他にも薄型テレビを1台買取りショップに出し、

パソコン2台も使わなくなってしまったので処分しました。

 

 

薄型テレビやパソコンは結構なお値段のする製品だったので、

捨てる前には結構な勇気が必要でした。

 

 

しかし部屋のこやしにしているだけで、

何の活躍もしていない家電は置いていても意味がありません。

 

 

やはり捨てるべき時がきたら、

思い切って実行に移さなければなりません。

 

 
「あれもこれも捨てました」

「私物を持ってません」

 

などなど、かなりミニマルな生活を送っている

ミニマリストさんも多いのですが、

私個人としては、生活に必要な家具や家電を捨てる必要はないと思います。

 

 

ミニマリストでも生活は豊かで快適であるべきですし、

現代人である以上便利な物との繋がりは切っても切り離すことができません

 

 

パソコンもテレビもない無音の空間で快適に過ごせる人は希少です。

 

 

必要な物を勢いに任せて断捨離し、後から後悔しないように、

整理整頓断捨離はたくさん時間をかけて、

慎重に進めていくと良いと思います。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
Sponsored Link
カテゴリー
最近の投稿
ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ
最近のコメント