ミニマリストにぴったりな洋服ブランドとは!?シンプル重視!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング
ミニマリスト 服 2

ミニマルな生活を目指すには、手持ちの洋服やファッション小物を整理し、無駄なものを処分するところから始めなければなりません。

 

広告

 

いわゆる「断捨離」をするという意味ですが、ある程度断捨離ができてくると、ある問題にぶつかります。

 

少なくなった衣類を見ると、「これから先、洋服は何を着ればいいんだろう?」と不安になってきます。手持ちの数が少ないので、何か新しく買い足さなければやっていけない…という心配すら出てきます。

 

 

使いまわしのしやすい洋服が何枚かあれば、それで1週間は事足りるのですが、テイストの違う洋服しか持っていないと断捨離をした時に本当に困ります。いつもちぐはぐな服を着るわけにはいきませんし、結局服を買い足すはめにもなります。

 

そこで今回は、ミニマリストにふさわしい洋服のブランドや、テイストについて考えてみたいと思います。

 

 

ミニマリストらしいファッションとは?

男性も女性も、

 

ミニマリストになる」=「質素で慎ましいもの」

 

と考えがちで、とかく服のブランドも「質素倹約」や「ベーシック」を重視する傾向にあります。

 

 

ミニマリスト服

 

 

たとえばしまむらやUNIQLOはその代表例で、派手すぎず、むしろ少し地味なくらいがミニマリストにはちょうどいいと考えられています。

 

 

しかし実際には、ミニマリスト=地味でなければならないという公式は存在しません。花柄でも星柄でも、ミニマリストミニマリスト。自分にとって本当に必要な衣類だけでローテーションをすれば、着ている服のブランドにはほとんど差はありません。

 

 

ミニマリストに最適なブランドとは?

ミニマリストといっても人それぞれ洋服の趣味や似合うスタイルは違いますから、基本的には自分の体形やキャラクターに合った色やデザインが良いでしょう。

 

 

無理に似合わない服を着たり、ブランド物を身に着ける必要はありません。

流行っているからといって似合わない洋服や小物を揃えても、「タンスのこやし」になるだけで終わってしまいますからね。

 

ミニマリスト 服 2

多少安くても、自分に似合う洋服こそが自分の外見を高めてくれます。たとえノーブランドの洋服や古着であっても、使いやすく使い回しの利くアイテムを探してみてください。

 

 

最近は低価格でもトレンドを抑えていたり、デザインの良い洋服もたくさんあります。ミニマリストである以上、ブランド物をたくさん集めて、皆に見せびらかす事はほとんどないと思いますから、着心地や肌触り、サイズ、似合うかどうかなどで判断すると良いでしょう。

 

 

1枚は良い服を持つ

 

ただし、何もかもリーズナブルな衣類だけでは心もとない場合もあるかと思います。

そんな時はスーツやジャケット、シャツなどはブランドにこだわって選ぶ(もちろん着回しのできる物)ようにして、1枚だけ良い服を持つと良いかもしれません。

 

 

クローゼットの服をまとめてみよう

断捨離、循環のどちらにも言えることですが、洋服のブランド決めにあたって大切なのは、クローゼットの中身をすべて把握する事です。クローゼット以外には整理棚や衣装ケースに入った上下の洋服をすべて外に出してみましょう。

その中で、明らかに無駄もしくは着ないだろうと判断された物は処分の対象です。

 

ミニマリスト服クローゼット

 

 

次に、手持ちの服の中でまだ使えそうだなと思った物は残します。

色、テイストごとに分けて、1週間分の服をその場で考えてみましょう。

もちろん、トップスとボトムス(上下)がどこかで重複しても構いません。

 

 

最初のうちは、こんなにたくさんの服を持っていたんだ…とびっくりするかもしれませんが、そこで初めて「整理しなければ」とやる気が出るのです。すべて外に出して並べてみると、要らない服を次々と精査しやすいですし、手元に残すブランド服や良質な服も見極めやすくなりますよ。

 

 

次に、新しく買い足すアイテムは、気に入った型は色違いもしくは同じ色で2枚持っておくと便利です。

1枚目がダメになった時、もう1枚を探すのは大変ですし、すでに廃盤になっている可能性もあります。

 

2枚程度お気に入りの衣類をストックしておくことで、毎日の洋服のローテーションが楽になり、だんだんと自分が持つべきファッションのスタイルというものも確立しやすくなりますよ。

 

 

まとめ

ミニマリストも色々なオシャレを楽しみたいと思うものですが、手持ちの洋服が限られているので、何とかその中でやりくりしていかなければなりません。

 

 

そのためには、着回しが利くもので、自分のスタイルに合った服選びの目を養っていきましょう。

丈夫な素材、手触りの良い素材、汚れにくい素材など、使われている衣類の質によっては何年も長持ちしてくれる場合もあります。

そうした良質な服を選んでおけば、1週間何度着まわしてもボロボロになりませんし、余計な服を買い足す必要もなくなります。

 

 

必ずしも値段や洋服のブランドだけにこだわる必要はないので、似合うかどうかをメインに据えながら、ローテーションのしやすいアイテムを揃えていってくださいね。

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
Sponsored Link
カテゴリー
最近の投稿
ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ
最近のコメント