ミニマリストに車は不要?車がない生活の実体験をお教えします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

我が家は、私を含むすべてが最小限の

物だけで暮らそうと心がける「ミニマリスト(仮)」。

 

 

元はたくさんの物に囲まれて暮らすマキシマリストでしたが、

家族それぞれが改心して物との付き合い方を見直した結果、

ミニマルな生活の方にメリットを感じるようになりました。

広告

 

 

ミニマリストになろうとしてから、

まず最初に手放したものが「」でした。

 

 

車はすでに何度も買い替えていて、普通乗用車を3回、

軽を2回それぞれ買い直した後、

「高い維持費を支払ってまで車を持つ必要はないんじゃないか?」という結論に。

 

 

スーパーや病院までは徒歩10分以上あるけれど、

歩いて行けない距離ではないし、バスを使って帰ってきた方がお得になる。

 

 

ネット通販も頻繁に利用しているので、

いちいちスーパーまで買い物に行く必要もない。

 

 

…と考えると、やはり車に乗って

どこかへ出かける必要性というものが見当たりません。

 

 

交通が不便な場所に住んでいるため、

今までは車の恩恵に大いに預かってきました。

 

 

遠方に旅行に行ったり、思いついたタイミングで温泉に行ったりと、

何かと娯楽やリラクゼーションに車を使っていたような気もします。

 

 

しかし自分の足でどこへでも行けると気づいた今、

車を持つことのメリットは無くなり、

「これからはもっと地に足を付けて行こう」

と家族のだれもが思うようになりました。

 

 

ミニマリストに車は必要か

毎日のお子さんの送り迎えや、ご高齢の家族を病院や

介護施設へ連れていく際には車は絶対に必要です。

 

 

無いよりあったほうが便利ですし、万が一の時にも車は活躍してくれます。

 

 

他のミニマリストさんのコメントやブログを見ていると、

「車は生活に必要だから所有する」

派と、

車がなくても充実した生活は送れる(すでに手放した)」

派にそれぞれ分かれています。

 

 

自宅や職場の場所、ライフスタイルによって、

車を持つか否かがある程度決まってくるとも思うのですが、

ミニマリストだから」

「物を持たない暮らしがしたいから」

といって、無理に車を手放す必要はないと思います。

 

 

手放してから後悔しても遅いですし、

少々燃料費や維持費がかかっても、

生活の足代わりとしてどんどん使っていって良いと思います。

 

 

しかし、せっかくミニマリストになったのであれば、

自分の生活に合った車や末長く愛用できる車を

意識して選んでいくと良いと思います。

 

 

近所の人や知人にいい格好をしたいからといって

高額な車を手に入れても、維持管理費がかかって

結局手放すのであれば、最初から買わない方が良いでしょう。

 

 

家族が多くないのに無理に大きな車を買ってしまうのも良くありません。

 

 

どんなに小さな車でも、実用的に使えるもので

あれば正しい買い物であり、長く愛用できる物になります。

 

 

生活に車が必要であるならば、

生活に見合った車を手に入れることがミニマリストにとっての課題だと思います。

 

 

車がなくなるとどうなる?

83ba2c2038833f0054099f3bd4df86e0_s

 

 

我が家のように、車をあえて手放すと

どのような変化があるのでしょうか。

 

 

まず、体を動かすことが苦痛でなくなりました。

 

 

あれほど嫌いだった「徒歩」という言葉にも違和感がなくなり、

「人間は足だけで前に進む生き物なんだから、足を使わなければ損をする」

という考え方が定着しました。

 

 

最初はあまりにも歩くのが嫌で、

「いつか絶対自転車を買う」

「電動自転車を買って坂道を楽に登る」

などと妄想していたのですが、自転車を買っても置く場所がない

(母が庭を大切にしているので、庭に自転車を置くことができません)

ことと、自転車で行ける距離は結局徒歩でも行ける距離なので、

購入を止めて歩く事に決めました。

 

 

もう一つ意外な事ですが、

車で行けないにも行けるようになりました。

車を手放した後、スピーディに移動ができなくなったので

遠方への外出は断念せざるを得なくなりましたが、

そのぶん近場で用事をこなしていくようになりました。

 

 

しかも以前まではまったく考えていなかった

「徒歩で行けるところは積極的に足を運んでみよう」

とまで思えるようになったのです。

 

 

たとえば家の近くにあるカフェやショップ、

友人の家、地区センターで行われるイベントなどにも

関心が持てるようになりました。

 

 

あれほど運動が嫌いだったのに、

車がなくなったおかげで半強制的に歩かざるを得なくなり、

その結果ウォーキングや有酸素運動の大切さに気付かされる事もありました。

 

 

車があったなら、きっとこんな気持ちにはならなかったと思います。

 

 

どんな近場でも「速いし、車で行っちゃおう」と

効率的な方法を取っていたでしょうし、

もともと分刻みで動くような人間でもないのに、

気持ちだけが慌ただしくなっていたと思います。

 

 

私も他の家族も健康体なので、

まだまだ車が必要な状態ではありません。

 

 

本当に車が必要になる年齢までは、

車のない生活を続けてみようと思っています。

 
車のない生活なんて考えられない!

というミニマリストさんも多いと思います。

 

 

しかしそれはそれで全く問題はありませんし、

将来車がなくても不便の無い場所に引っ越した時に初めて手放せば良いのです。

 

 

物を持たない暮らしはストレスフリーであり健康的です。

 

 

しかしそこでいきなり車を処分するのではなく、

車のない生活を思い描きながら、一人暮らしの方は

一人でじっくりと、ファミリーの方は家族全員で

よく話し合いを重ねていき、計画を実行に移していくと良いと思います。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
Sponsored Link
カテゴリー
最近の投稿
ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ
最近のコメント